June 19, 2007

水戸黄門 : こんなの弥七じゃない!

今週の水戸黄門から風車の弥七が復活するということでさんざっぱら宣伝していたんでビデオにとっておいたんですが、先ほど見ました。

結論

Sn380031

こんなの弥七ぢゃない!こんなんぢゃ跳べないよ、なんかたるんでるし。

いや、内藤剛志さん頑張っているのは認めますがね。有名俳優連れて来る必要あったんでしょうか?
少なくとも芸能人スポーツ王で上位に来るような人でなければ、ご老公の忍びはつとまりませんぜ。
なんかのっけから疲れている感じがして、気の毒です。
渋いのとくたびれてるのは似て非なるものです。新しい弥七は全然後者ですわな。
中谷一郎さんはもっとハツラツと演じてらっしゃったけどなー。色気もあったし。少なくともはじめの頃は。
病気になって動きにキレが無くなってしまった時期をベースのイメージにしちゃあしょうがないでしょうに。

内藤さん自体の実力は疑うべきも無いものです。むしろファンであるぐらいです。
壬生義士伝(ドラマ版)の大野次郎右衛門の時なんざ、おもわずもらい泣きしちゃって暫く涙がとまらなかったほどですよ。
でも今回は明らかにミスキャストですよ。誰かJACのベテランで渋そうな人いなかったんですかねー。

ていうかそもそも、弥七の名前をわざわざ持ち出す必要あったの?

| | Comments (18) | TrackBack (0)

丸山弁護士 : 他人の褌で威張るのはいかがなものかと

なんか丸山和也弁護士がまたぞろ政治に色気を出しているようで、自民の参院選比例代表区から出馬の予定なんだとか。やはり弁護士先生の目から見ても政治家の先生というのはかなり魅力的なんでしょうか?

ただ、さっきテレビで見ましたけど、かなり偉そうなこと言ってます。政治を変えるためには自民党を内部から変えたほうがいいと判断した。本来なら丸山党でいきたいところなんだが、あえて今回は自民の褌を借りるんだとか・・・。
いや、ファンの人には申し訳ないですけどねー、ワタシこの人は嫌いなんですわ。
丸山党でいきたいなら丸山党でいけばいいでしょうが。もちろん勝ち目がなさそうなことはやらないのは都知事選の時と同じです。
都知事選の時は世間の雰囲気がいまひとつ引いていると感じるや、すぐさま出馬撤回。今回は進行中のCM・テレビへの影響は大丈夫なんでしょうか?前回同様さして準備もなしにホイホイ要請に乗ったという感じですが・・・。

なんにしても比例区に出ようという根性がいけません。偉そうなことを言うなら身ひとつで国民に信を問わなくては嘘でしょう。それを党から票だけ譲り受けておいて、後からいけしゃあしゃあと言いたい事を言うつもりなんだよと公言するのはいかがなものかと思うんですがね。かりに選挙で丸山と記名する人が多かったにしても、そんな保険を掛けて選挙に臨むような人に、大きな口を叩く資格はないでしょう。

同様な理由で辻本清美議員も大嫌いです。みそぎの選挙に比例区出馬を選択する時点で神経を疑いますが、まあそれで当選って世間の意を受けたとばかりに以前の厚顔ぶりに逆戻り出来る人の人間性って、どうなっているんでしょう?この前も勝手に「全女性を代表」(生む機械発言の時)しちゃってますしね。あんな人格の人間に代表面される全女性方もいい迷惑だと思うんですがねえ・・・。いや、ファンの人がいたら申し訳ないですケド。

いや、丸山さんだって自民党の党意に賛同して比例区から出馬するって言うんなら文句はないんですよ。でも違うって言うのなら、少なくともムネオちゃんぐらいの事はやらないとダメでしょうよ。そう思いません?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

300[スリーハンドレッド] : 晩飯は地獄で喰うぜ!

話題のマッチョ映画、「300(スリーハンドレット)」を見てきました。上野の東急は座席が広くて楽ですね。

大まかな内容はギリシャに侵攻してきたクセルクセス王率いる100万を超えるペルシャ軍を、レオニダス王の元に集ったスパルタ兵の精鋭わずか300人が、テルモピュライの隘路に誘い込んで迎え撃つというとんでもないお話です。原作は漫画らしいですが、実は史実として記録されている戦いなんですな。
ヘロドトスの記述によると彼我の戦力差は5000対21万。それでも20倍です。そんなべらぼうな戦力差に立ち向かい、猛攻を3日間持ちこたえたことで、その後の戦局に少なからぬ影響を及ぼした・・・というのをこの前「ふしぎ発見」でやってましたが、その5000のギリシャ軍の中でも全滅の憂き目を見るまで奮戦しまくったスパルタの重装歩兵300人にスポットをあてたのが今回のこの映画「300」というわけです。

んで映画の方ですが、基本的には史実を踏襲しているものの、そこは漫画が原作であるだけに誇張された表現があったり荒唐無稽なキャラクターが登場したり、史実とのブレも徐々に広がっていったりしていきます。けれどそれをものともせずどっぷり入り込んでこの映画の世界を満喫させてくれるのは、300を超える鋼のような圧倒的な筋肉が生み出す有無を言わせぬ説得力とリアリティです。
いや、実際3000倍の戦力差で勝負になんてなるわけないし、お話が進んでくるとペルシャ軍の秘密兵器としてサイやらゾウまで襲い掛かってくるわけですが、もりもりと躍動する300人の筋肉の壁を見ていると、「こいつらなら蹴散らせる!」とか思えてくるから不思議です。
よくもまあこんなにマッチョを集めたもんです。しかもイケメンから美中年まで取り揃え、筋肉フェチのご婦人方なんぞはもうタマランでしょう。なかやまきんに君も、これではちょっと裸足で逃げ出すしかあるまいよという状況ですよ。
さらにコミックスの絵と絵画をミックスしたような美しい絵柄をそのまま映像化することに成功している圧倒的なCG技術も無視できません。暗澹たる雲が渦巻く下をうぞうぞと進軍してくる100万の軍勢。天空を埋め尽くす無数の矢が襲いかかってくる様も、見事なまでの迫力で観客を呑み込んでいきます。
んでまた血がすごい!なんか「ゾンビ」よりも「あずみ」よりも「座頭市」よりも派手に飛び散っています。それもひっきりなしに鮮血が迸り、腕や首がポンポン吹っ飛んでいきます。だがそれがおぞましく見えないのは、やはり絵作りの上手さでしょうね。全てが上質な絵画のように描かれているので、さほど不快さは感じません。まあ麻痺するっていうのもありますが。
そして何よりも話を盛り上げるのが敵役のクセルクセス王です。いかにも中東的な官能的な色気をむんむん発散させながらも、なんとレオニダス王よりタッパが高いのですよ。今まではもりもりとそそり立つ筋肉の山のように絶対の存在に見えたスパルタの戦士を、相手はそのはるか上から見下ろしてくるんです。
なんか昭和世代のワタシにしてみれば、猪木の前にアンドレ・ザ・ジャイアントが、千代の富士の前に小錦が立ちふさがった瞬間ともろに被ります。なんかもう燃えまくりですよ。

そんなわけで昭和の後期に青春を過ごした男性諸氏には特にお勧めといいますか、むちゃたぎること請け合いです。もちろん筋肉フェチのご婦人方も満足することは請け合いでしょう。
Sn380030
写真は映画館で売っていた絵葉書です。レオニダス王が最後の朝に兵士たちに語る言葉、「朝飯は腹いっぱい喰っておけ。晩飯は地獄で喰うことになるぞ」っていう台詞の後半が書いてあるわけですが、ナイスセンスですねえ。
是非とも映画館の大画面で戦いの結末を見届けに行ってください。細かいことは気にしないのが吉です。そういう映画です。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

June 04, 2007

QuietComfort3 : 47250円の価値があるかインプレッションしてみました

QuietComfort3を使用して、実はもう5日ほどになります。
一応電車とかにも乗ってみましたんで、軽くインプレッションなどやってみましょう。
つーても一言で言うと、音が良く消えて軽いと。非常にグッドであると。ぶっちゃけそれだけで終わってしまうわけなんですが、ノイズキャンセル効果については現時点では民生品の中では最良なんでしょうねえ、やっぱ。

普通に茶の間で装着してみても、スイッチを入れるとシュン・・・と静かになっていきます。げえ、今までけっこう環境騒音のある所で生活していたんだな・・・と、びっくりするほどです。外にでてみてもそう。うちの近所は工場街なんですが、遠くから近づいてきて通り過ぎていく車の音はさすがにキャンセルされんですけど、近くでうぞうぞと動作を繰り返しているフォークリフトなんかの音もかなりの割合で消去されます。
装着感に関してもそんなに難点は見えません。側圧はゆったり気味ですが、多少動いてもずれる事はないです。まあこれなら長時間つけててもつらいということは無いでしょう。ただ、開放型なんで通気性はいいのかなーなんて思っていたんですが、イヤーパッドの材質自体はスポンジーなものではないので、これからの季節は若干蒸れるかもしれないです。まあ密閉型ならもっと蒸れるでしょうし、些細なことなんですけどね。
雨の日の首都高速でも使ってみました。ワイパーのキュッキュッという音と道路の継ぎ目の音以外は綺麗に吸収してくれます。
いまひとつだったのは、意外なことに京浜東北線の車中です。どこの売り場でも電車の音が入ったラジカセが置いてあるもんだからてっきり電車の騒音は得意かと思ったんだけど、さにあらず。まあ人の話し声、車内アナウンスはともかくとして、ブレーキ音、レールノイズは思ったほどキャンセルされません。あと車体の軋み音も消えていない。モーターノイズと風切り音はいいんだけど、どーも地面との接触にかかわる部分の騒音は苦手なんかもしれんですね、この機械。それでも、かなりに快適にはなります。
でも単に電車内で静寂を手に入れたいのなら、基本的に全音域を低減させるカナルタイプか密閉型の方が具合が良いかもしれないです。
恐らくこの製品が最大限に力を発揮するのは飛行機内でしょうねー。電車でも在来線よりは新幹線とかの方が得意なんでしょう。
あと、バッテリーの残量表示がLEDの明滅だけというのは若干いただけないです。予備バッテリー必須といったところでしょうか。

なんだかんだ書きましたが、満足度はかなりに高い製品です。が、用途によってはMDR-NC22MDR-NC22といった選択肢もありかもしれません。飛行機や高級車の後席での移動が多いというセレビィな方なら間違いなくベストチョイスなんですが、あんまそんな人はいないでしょーな。でもいまのところ後悔はしていません。BOSEのエンブレム代は1万円といったところかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2007

QuietComfort3 : 5月中に買うとおトクらしいから買っちゃいました

BOSEのQuietComfort3買っちゃいました。ノイズキャンセリング(NC)ヘッドフォン界のベンツみたいに言われているアレです。

ちょっとにわかにリッチになる事態があったもんで思い切っちゃったわけですが、もちろん最近評判の上がってきている国産のNCヘッドホンも試聴してちゃんと比較してから買ったですよ。
試聴は秋葉原のヨドバシまで行ってきた訳ですが、面白いのはヨドバシに限らず、どこの売り場も電車の騒音が入ったラジカセを用意していることですな。まあやっぱ日本でNCヘッドホンといえば電車だろうというわけでしょうが、なんかチープなノリでよいです。
で、色々試聴してみたところ、私がNC効果自体を一番感じたのはmaxellのHP-NC22でした。次いで人気のAudioTechnicaのATH-ANC7ですね。でも入荷待ちで暫く買えません。カナルタイプはNC効果というよりも耳栓としての遮音を強く感じてしまうので、ここでは省いています。でも、ソニーのMDR-NC22も周囲の騒音がさっと消えていい感じでした。値段の割にはとても快適です。ただ、カナルのNCヘッドホンは単に装着しているだけでもそこそこ遮音されているので、スイッチを入れたときの感動が薄いです。でもNCの音圧が低いので、ひょっとしたら疲労感まで含めるとかなりグッドチョイスなのかもしれません。
Panasonicはホワイトノイズが気になるし、全体的にチープな作り。ソニーのNC60もノイズを感じますねー。NCの音圧が高いので疲労しそうです。ビクターとかはノーコメントってことで・・・。
ヘッドフォン自体の音質まで含めると、やっぱグッドチョイスはATH-ANC7ということになるのかな?やっぱよく売れているだけはあります。平板で特徴はないけれど、それなりに低音は効いて解像度も高い。さすがヘッドホンのAudioTechnicaって感じです。でもMaxellのHP-NC22もほぼ音質に差は無く、NCまで含めてチューニングの違い程度のものしか感じませんでした。まー好みの差です。価格差は5000円弱ありますから、野暮ったいデザインが気にならなければHP-NC22がベストチョイスっつーとこですかね。

え、QuietComfort3はどーなったのかって?旦那、QuietComfort3様はヨドバシのNCヘッドホンコーナーには並んでいないんですよ。そんな庶民のヘッドホンとは一緒くたにされたくねーというわけでしょうか?なんつったってNCヘッドホン界のベンツですから。QuietComfort3様の試聴をしたければBOSEの秋葉原ショーケースストアまで行かなければならんよーなんで、行って見ました。
Sn3800202

なんかレクサスのショールームのようにあまり客の姿が見えないBOSEのショーケースストアに入ると、ヨドバシの店員ほど元気じゃないけど、なんだか上品そうなBOSEのアドバイザーがお客さんを迎えてくれます。展示もすっきりしていて、4製品ぐらいしか並んでないです。でもそんなソフィスティケーテッドされたショーケースストアでも、あった!電車の騒音が入ったラジカセありました。これは必需品なようです。
で、実際の製品の具合ですが、こりゃーもう試聴環境が違うから比較できないんですよ。それでもスイッチを入れたとたんあっと驚くほどノイズがかき消されます。表の通りまでは出させてもらいましたが、かなり良いです。秋葉原の通りが日曜日の朝の心地ですよ。BOSEには前機種のQuietComfort2というNCヘッドホンもあって現在も販売中ですが、こちらのNC効果がATH-ANC7あたりと同等なんじゃないかなーという感じです。というか、NCの部分に関してはATH-ANC7とHP-NC22はBOSEから技術供与を受けたんではないかという噂もありますしね。
んでQuietComfort3はどうかというと、まあぶっちゃけNC効果は一段上に感じます。というか、他機種よりより高い周波数帯、つまり中音域までNCをかけているようです。これはQuietComfort3が2までの半密閉型から開放型に変更になったため、それを補うためのチューニングという感じで、よく-22dbなんて書き方をする消音のための音圧を上昇させたというわけでは無さそうです。けっか、全体的に若干のNC効果の上昇が感じられるというわけです。音質は最近のBOSEのヘッドホンらしくフラットで、悪く言えば特徴を感じられないものですが、解像度も高く不満はありません。あとなにより軽いですねー。充電池タイプなんで、単4を入れるタイプよりも装着感として軽快に感じます。
そしてなにより5月末日まで、直営店限定らしいですが、予備バッテリー1個をおまけキャンペーン中らしいです!購入を考えている方は今月中にゲットしちゃいましょう。ちなみに予備バッテリーは5000円弱する代物です。安売りの無いQuietComfort3ですから、これはオトク。

さて実際に使ってみてのインプレッションですが・・・・う~ん、長くなっちゃったからとりあえず次回に送っておきましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2007

いまさらですが、東京マラソン完走しています

さて、またサボりこいているうちに春になってしまいました。
東京マラソンに向かってレポをするなんて書いておいて、その後なしのつぶてで過ぎてしまいましたが、結果を言うときっちり完走できてしまいました。一応4時間切って、サブフォー達成です。
でもあんまり時間がたってしまったんで、いまさらその感動や苦しさをお伝えしてもしょーがないですから、それは別ブログを立ち上げることにしました。
ひとつのブログもまともに運営できないのに増やすなよと言われれば返す言葉もありませんが、やる気が出ちゃったんだからしかたありません。
サブ3.5とか、サブスリーとか、トライアスロンとか狙っちゃいますよ。このトシから。
そんなわけなんで、こちらのほうはそれ以外のネタでダラダラ続きます。よろしくです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2007

東京マラソンへGo!

今年の2月18日。東京マラソンが開催されます。
まーたぶんアレですな。
ボストンマラソンとかマラソンとか、
なんか都市部の交通を遮断してマラソンを開催できる器量がある都市は、
なんか一流っぽいぢゃん・・・・とか、石原の慎ちゃんが思い立ってしまったのでしょう。
いきなりアジア最大規模のマラソン大会をぶち上げちゃおうというんだから、
かなり豪気でムボーな話です。
当日は東京都心部の交通が長時間にわたって寸断され、
いきなり経験もなく3万人規模のマラソン大会の運営を任されてしまったスタッフが右往左往することになるでしょう。
恐らく大混乱ですわ。阿鼻叫喚の地獄絵図になることが予想されます。
でも最大の問題は・・・・このワタシがその混乱の真っ只中にいる予定であるという、その事実です。
ぶっちゃけ、抽選に当たってしまったのですよ。参加者なんス。
ちょっとした冗談と出来心で応募をしてしまったのですが、自分のくじ運の強さを甘く見てました。
そのうえ各方面に当たった当たったと調子に乗って吹聴してしまったので、いまさら後へは引けません。
かなり追い詰められてます。
そーですよ。初マラソンなんです。
ジョギング程度ならやってましたけどね。42.195キロなんて走ったことはありません。
そんなわけで昨年から私の鍛錬と、秘密兵器(ランニンググッズ)を探す旅が始まっているのです。
後追いで申し訳ないですが、2月18日のレポまでを、この後皆さんに紹介していこうと思います。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 01, 2007

新年明けましておめでとうございます

Ssn380010
不動産的には好景気なんですねぇ。
家の屋上から初日の出を見ようとしたら、日の出の方向に去年よりにょきにょきとマンションやら何やらが増殖していて、日の出は去年より40分遅れの8時ですよ。
まあ東京らしいといえば東京らしいんですがねー。
ビルの天辺から顔を出したお日様は、それなりに厳かだったです。

さて、しばらく放置していてすみません。
そろそろゆったりと更新を再開いたしますんで、今年もよろしくお願いします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 16, 2006

浦沢義雄と松崎しげるのコラボレーション

 先週から深夜枠で始まったアニメなんですが、1本見逃せないのが出来ちまったのでご紹介を。

nerima1

 これ、テレビ東京系の深夜物(月曜深夜25:30)なんですが、題名は「おろしたてミュージカル 練馬大根ブラザーズ」といいます。題名にしても絵柄にしても可愛らしいですし、なんかミュージカル仕立てということで、なんでこんな深夜枠でやっているんだろうと?

 不思議に思って脚本家を見てみると、浦沢義雄とあります。浦沢さんといえば知る人ぞ知る不条理ギャグの大家。「美少女仮面ポワトリン」とか「うたう!大竜宮城」とか「はれときどきぶた」とか、子供向けのシュールな作品を書かせれば右に出るものはいないというか、頭の中すげーファンキーそうとゆーか、なんかもう大変なお人です。東映の戦隊物でも妙にぶっ飛んだシュールなお話があったらば、脚本家の欄を見てください。必ずこの人の名前がかいてあります。

 そんなお子様向けの作家が何故深夜枠に・・・・と考えたら、謎はすぐに解けました。僕らが知る浦沢義雄さんの姿は、子供向けに限定がかかった浦沢義雄さんの姿だったわけです。深夜ですから当然、その限定は解除されています。

 なんかもぉ、第一話のあらすじからして、ビックになってお金を稼ぎ、自らおっ立てたドームスタジアムでライブを開くことを夢見る三人組が、そのテの連中を騙して金をまきあげ、同時に美少年たちを収集してハーレムを築き上げることを目論む芸能プロのホモ社長の邪な陰謀をぶち壊すというお話ですから無茶苦茶です。ホモ社長がブラザーズの美少年メンバーであるイチローのイチモツをしごきながらハーレムの一員になることを迫る場面を見た主人公のヒデキが、社長にナニをしごかせればスターにしてもらえると勘違いして、ならば自らのナニもしごくようにと差し出すというような・・・もうとても日曜朝の東映枠では放映できないような内容です。サブタイトルからしてが、「俺の練馬大根をおさわりください」ですよ。もぉ完全に限定解除されています。パワー5倍ですよ。

nerima2nerima4

 そんな下品パワー満載の「練馬大根ブラザーズ」ですが、基本的にミュージカル仕立てなので、そりゃあもうみんな死ぬほど唄ったり踊ったりしまくりです。しかも主役のヒデキの歌声ってばスゲーぱわふりゃるじゃん。ビート効きまくりぢゃんとか思ったら、なんと声優は松崎しげる兄貴だったりして、またびっくり。さすが兄貴は俳優としてもブイブイいわせてただけあって、声優としてもむちゃむちゃ達者です。あまりに達者なんで最初は玄人さんかと思ったほどですが、唄ってみれば、やっぱりしげる兄ぃ。この人ばっかりは何年経っても声量とエネルギーが衰えないのは何故でしょう?そのむちゃむちゃパワフルなボイスで下ネタやりまくりですよ。

 こんな限定解除の浦沢義雄とえねるぎっちゅ松崎しげるのコラボが毎週楽しめるわけです。作詞作曲には元米米クラブの金子隆博と石井竜也も絡んでいるようですしね。どうです、もうこれはとりあえず覗いてみるしかないでしょ?でもレコーダーに撮るなら、絶対に子供の目につかないところにしといたほうがイイっすよ。まぢで。

 ちなみに今夜の第2話のサブタイトルは、「俺のお玉をサランヘヨ」・・・って。どんなハナシだよ?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 07, 2006

VAIO TypeTにワンセグチューナーが載った!

 私の使ってるノートパソは、MacはPowerBookG4で、WinだとVAIOのTypeTになります。そのTypeTの方が春モデルにモデルチェンジしました。
thb_06b
 といっても限りなくマイナーチェンジに近いんですが、私の魂にビッとくるポイントが2点あって、ひとつはカラーリングの追加です。

 一つ前のモデルにもバーガンディレッドというカラーがあったんですが、こいつは縁が無くて購入できませんでした。ですが私はオリベッティECHOSの時代からの筋金入りの赤パソ好き(どっかの出したシャア専用モデルは除く)。赤いノートパソって、なんか文房具臭がぷんぷんしてくる感じがして、持ってるとカッコいいじゃないですか。なんで、この復活は非常に嬉しいところですね。

 もうひとつはワンセグチューナーの搭載。なんかアナログチューナー搭載のノートパソが、最近巷にうようよしてますが、あれはいけません。どうせ内蔵アンテナではろくすっぽキレイに受信できないわけですから、結局アンテナコードを引きずって歩くことになる。モバイルグッズなのにこれではイケてません。

 暮れにプレミアムブルーのTX90PSを買ったばかりだし、ワンセグの本放送は4月からだし、どうもワンセグで録画したのをメモリースティックに落とせないらしいのが非常に気になるところですが、こいつはとにかく突撃しかないでしょう。もお購入可能になったらボタン押しちゃいますよ。ポチッと。ダメだ、自制きかねえや・・・。

 誰か綺麗めのプレミアムブルーのTypeT買いたい人いますか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«気になっていたブツを買っちゃいました