« December 2004 | Main | May 2005 »

January 12, 2005

今度は立原あゆみの『ブラックジャック』

なんか最近ヤングチャンピオン誌が非常に面白いことになっていまして、かの手塚治虫先生の名作マンガ『ブラックジャック』を、手持ちの色んな漫画家さんに描いてもらって、読み切りのリレー連載をやろうという企画なんですな。
なんでもアニメ化記念企画らしいんですが、この漫画家さんの選び方が、なんか神がかっています。

以前ここでも紹介しましたが、なにせ第一弾があの馬面少女マンガ家、青池保子先生ですから。その後田口雅之先生、たがみよしひさ先生などと、こてーりしたブラックジャックが展開され続けてきたわけですが、今回はよりによってあのヤクザ漫画界の大家、立原あゆみ先生を引っぱり出してきたからぶったまげです。

昔は『麦ちゃんのヰタセクスアリス』など、繊細な絵柄を活かした少女マンガで一世を風靡した立原先生ですが、少年チャンピオンで『本気!』を連載したあたりからいきなりピカレスクに目覚めまくり、ヤング青年誌はおろか、漫画ゴラクにまで進出して、今やすっかり、『オラオラねーちゃん、どうじゃワシの真珠の味は?えーのか?言うてみいや』などのセリフが飛び交うヤクザ漫画界の重鎮ですよ。以前はその絵柄から、実は女性なのではないかなどという噂まで流れていた人ですが、今やそんなことを言う人は殆どいません。漫画界で最大の転身というか変貌ぶりを遂げたお方の一人ですな。

i0049そんなわけですからキャッチコピーもすっかりデコトラの腹にでもペイントしてあるような、浪花節というか仁侠バリバリの描き文字が踊っておるです。繊細なんですが、明らかに仁侠な顔のブラックジャックは、トレードマークの斜めキズも、なんだかドスでつけられた向こう傷に見えて仕方がありません。
どーなんでしょうか?大丈夫なんでしょうか?
ブラックジャックの口から、『おんどりゃ、ワシにアヤつけるつもりなんかい?オウ?』だの、『このまま帰すつもりは無ェんじゃがのう』だののヤーさん的な怖い広島弁?が流れ出してきそうな気がして仕方がありません。
i0050まあ中を読んでみたら普通に喋っているようで安心しましたが、なんとも恐ろしい人選をするものです>秋田書店
こんどは一体どんな人選でこちらを驚かせてくれるのやら・・・。

秋田書店的には難しいかもしれませんが、ここまできたらいっそギャンブル漫画界の重鎮福本伸行先生あたり行ってみてもらいたいという、怖いものみたさな私がいたりします。

俺的にはイケると思うんじゃがのう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mac Mini 登場ぉ〜

i0047多分世間様では同時発表のiPod shuffleの方が数段注目度が高いんでしょうが、カッコイイじゃないですかMac Mini
このどう見てもお洒落な外付け光学ドライブにしか見えない16.5×16.5×5cmのバディの中に、フルスペックのMacが入っているというんだから、かなりキテます。
これでシステム組んだら、それこそコンピュータが見えなくなっちゃいますよね。ステキです。
ここいら辺のセンスが、どうやってもPC陣営には真似できないAppleの得意技といいましょうか・・・。
今更MacOSの方がWinXPより遥かに優れていると主張するつもりはさらさらありませんが、やっぱ野暮ったい機械は使いたくないという気持ちから、Macを使い続けています。そのためには多少の不便はよしとするぐらいの心意気を持たねばなりませんが・・・。
GPUもヘボいというほどではないし、DVD-RもBTOできるようですしね。ん〜、物欲刺激されまくりですね〜>コレ。

iPod shuffleもかなり割りきったといいうか、思いっ切りのいいスタイルで出してきましたね。ディスプレイの無い部分をシャッフルという機能で売りに変えようとしているあたりが商売のセンスでしょう。なんにせよ、なかなか戦略的なお値段で来ましたよね。
まあこっちはこないだiPod Miniを買っちまったんで買うこたぁないと思いますが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | May 2005 »